随分前から季節ごとにお手紙と立体折り紙をいただいている方がいらっしゃいます。
その方から2年前の夏に、ふうせんかずらの種をいただきました。「山上憶良、卜部兼好が愛した吉兆の草花」、「虹をお見世する事は難しいのですが、吉兆の花を」とお手紙に書いてありました。

私はこの花のことは知らなかったのですが、この風船が膨らみ始めたころ、花が好きな子どもに聞いたところ「知ってるよ、かわいいよね」と言っていました。

暑いですが、玄関先にあるこのふうせんかずらを見ると涼しい気持ちになります。


Comment