朝晩の冷え込みや日中の過ごしやすさから日に日に秋も進んできていると実感する今日この頃ですが、いろいろな美味しいものが出てくる季節でもありますね。

そんな中でも楽しみなのが新米ですね。
先日、その新米のご寄付をいただきました。

稲敷市の江(チャン)さんです。30kg米袋を10袋もいただきました。
江さんは台湾の方で、台湾では貧富問わず寄付をするという文化があるということでした。

それではいただこうかともみ殻付きのそのお米を業者に頼んで精米している頃、また新たにお米が2袋届きました。
千葉県東金市の陳さんで、江さんから話を聞いて賛同して送ってくださったそうです。

お米をこんなにたくさんいただくこと自体が大変ありがたいことですが、それと合わせて周りの方が児童養護施設への気持ちを繋がって持っていただいているということのありがたさを感じます。

陳さんは施設に遊びにいこうかなと言ってくださいました。

お待ちしております。

この度は誠にありがとうございました。